スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Extreme endurocross at Hells Gate 2012


参加50名中、完走扱いが4名っていう
スポンサーサイト
[ 2012/02/24 12:10 ] Enduro | TB(-) | CM(-)

In Memory of Mika Ahola


一昨日(2012/1/15)ですが、ぼくたちのヒーローの一人が亡くなったというニュースがありました。ご存知かとも思いますが、2007~2011年の5年間、エンデューロ世界選手権でワールドタイトルを獲得したミカ・アオラというライダーです。

世界中のファンが泣いていると思います。37歳というベテランで、EWCでも最高齢の現役ライダーでした。1993年から世界選手権に参加して、すぐに頭角を現し、ランキング2位、3位という年が続きました。ISDEでは3度の総合優勝のほか、何度もクラス優勝しているのですが、肝心の世界選手権で勝てないので「無冠の帝王」と呼ばれました。

みんな、彼がいつでも勝てる実力を持ちながら、チーム力、運にも恵まれずにタイトルを逃してきたことを知っているので、2007年に初タイトルを獲得した時は、ライバルもみんな祝福しました。ベテランらしく、子供から大人までファンにはとてもやさしく親切な人でした。

最近は、EWCにもオーバーオールクラスが必要だ、と繰り返し訴えていました。排気量クラスが3つもあって、同格にチャンピオンが3人もいるというのは、業界のセールスの維持と、マニア的にファンには理解できるけど、一般メディアにも一般の人にも理解しにくいという理由からです。エンデューロとエンデューロライダーの将来を真剣に考えている人でした。

~あるエンデューロファンのコメントより~
[ 2012/02/24 12:09 ] Enduro | TB(-) | CM(-)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。